南谷とサミ・ヒンカ

看護師という職業は働く時間が規則的でないことや労働環境の大変さによって看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実は看護師の資格というものは、いろいろな職種において実際に役立つことがよくあります。考えられるのは人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。異性から好かれる要素の多い看護師でも、意外と未婚の人が多いようですね。調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると指摘できるのです。結婚が遅い人に共通していることは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。国外で医療的な支援を求めている人々に、医療に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った看護師の方が増えています。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。海外で看護師とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要不可欠なのです。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して結果的に給料が減ることが多いようです。例え年収が下がったとしても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。例外として、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意しなければなりません。ローンを組むことが容易なのは正職員という形で勤務中の看護師のように、安定している場合なので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。普通、注射や採血は看護師が行うものです。好んで注射や採血をしてもらうような人は稀でしょうが、注射の必要があるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にお願いしたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手な人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤の分の手当てによって稼ぎが多くなるという現実があります。たとえばナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば職場選びの際、日勤だけではなくハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。夜勤の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院以外にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の活躍が期待されています。グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、特別な配慮が必要となってきます。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師はグループホームに就職するという選択肢も前向きに考えていいのではないでしょうか。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、これに参加を申し込む看護師は多数います。職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。とは言え、たとえカップルが成立しても勤務形態が不規則なせいで、結果として、破局、ということもままあるようです。看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、給料で見れば高収入を続けやすいことが看護師の特徴だと言えるでしょう。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。高給が約束された安定した業種としては看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。看護師の仕事といっても、部署が違えば、看護師として必要になる技術やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの知識を身に付けることが出来ます。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、看護師としてのやる気も上げられると言われています。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みはクリニックや病院の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトを組んで働きますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも珍しくありません。一見大変そうなシフト勤務ですが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。あまりイメージに無いかもしれませんが、医療機関以外に看護師として働ける職場に保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は理想的な職場だと思います。ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、看護師の不足が浮き彫りとなっています。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がかなりの重労働をこなしているといわれています。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで看護師の仕事は大変ハードでも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、しっかりと申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。簡単に済んでしまうようなケースもありますが、患者の生死に関わる重要な情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や夜勤で体調を崩すといった問題があります。看護師には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場も実は多いのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですから看護学校の受験合格を目指した予備校があるほど、難関なのです。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信過程で学べる学校がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。看護師は好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、印象通り、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。病気の患者と接する職業上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識的に禁煙している人が多い職業であるということが見て取れます。世間では、看護師は白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、往々にして、好意的な印象を与える仕事であると思います。とは言え、看護師の現状はというと、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。プラス面だけに着目せずに、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職につく人物の収入がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、約750万円と推測できます。近年、日本においてはEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。けれども、日本語を使った看護師国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても大変だというのが現状です。看護師という仕事は普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、とはいえ、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、看護婦を雇う側が適切に配慮することが大事だというのは当然の事実です。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立病院や公立機関で働くという方法です。看護師は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで注目されていますが、なおかつ公務員にもなれたらこれ以上の安定性はないですよね。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらはなによりも嬉しいメリットですよね。看護師の勉強をするための学校には主に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。他方、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと地位が高くなっていきます。例えば、婦長といったら比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも珍しくなくなってきましたから、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場になるわけです。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の事情があって会社員としてしばらく働きました。ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという選択肢もあるのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。大学の特徴を挙げると、最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。そして、専門学校の場合は、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。全国的に看護師が不足している現状は社会問題に繋がっています。理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間が長くなり、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師を退職する人も珍しくありません。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。しかし、近年では少しずつ看護師の制服も変化してきており、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。階級が高いものは、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。階級を上げる方法ですが、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、一目置かれ、認められるような存在になることが必要だと言えます。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。