ウミガラスの浅尾

あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは国公立の医療機関で働くことです。本来、職業としての看護師が長期にわたって務められる仕事だという理由から人気なのですが、なおかつ公務員にもなれたらさらに安定した職業になると言えます。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは魅力的なメリットです。働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係の難しさや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。看護師には女性も多いので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくないのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、育児との両立を目指す看護師にとってとても難しい問題となっています。未就学児であれば、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方もかなりの割合で存在しています。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。階級が高いものは、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総看護師長がトップにあたります。どういう人が出世するのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが必須になります。当然ですが、階級が高い程、年収や待遇は良くなるでしょう。看護師というものは勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、看護師の資格を持っているということは意外とその他の仕事でも有益であるケースが多いのです。例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて「ローンを組みたい」という時でも大体の場合、スムーズに審査を通ります。例外として、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意しなければなりません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規職員として勤務している安定している看護師に限って言えることであり、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。一般的に、看護師の休みは、働いている職場で異なっていますから、一概には言えません。中でも3交代勤務の職場においては、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも普通です。一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと働き手が足りていない現状が根拠として挙げられます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えばすでに50代になっていても再び働くことができます。初めて看護師として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が壁になっているかもしれません。求人において表面上年齢について書いていない場合も、病院が裏で何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。昔の話ですが、かつての看護師といったら女性が担うものというイメージがありました。ですが、近年はどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。女性的な優しさも大切ですが、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の事情があって会社勤めをしていました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く選択肢もあるのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格が取れる方法があると分かりました。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。しかし、完治させた後は、現場に復帰して、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。多少のブランクでも、有利な資格があれば復帰も早いと思います。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も行い、看護師の大半はものすごい激務に追われているのです。徐々に男性看護師も増加していますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は分からなくはない話です。今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。しかしながら、日本語を使った看護師国家試験に3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必要不可欠になります。それが試験の受験資格でもあります。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校があるほど、難関なのです。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校が行っている通信教育課程がありますから、働きながら勉強することが出来ます。病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるためほぼ確実に夜勤があります。夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務の夜勤は時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。求人に応募しようとする病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師は人気が高いと思うのですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際のところ、看護師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、婚期が遅れるようです。看護師の勉強をするための学校にはよく知られている、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。その一方で、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということとカリキュラムとして実習がメインであるので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。とは言え、もしも新しい出会いがあってもお互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。そうはいっても、近頃では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは物悲しく思えますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。注意しておかなくてはならない点として、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて収入が少なくなることが少なくありません。例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、ぴったりの職場でしょう。仕事の内容は、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという働きがいのある仕事です。看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、離職率が高めの仕事であると言えます。それにプラスして、働く時間が規則的でないこととか、過酷な労働環境だということも相まって、離婚してしまう人も多いと言われています。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが看護師にも言えます。総合病院と町医者とでは収入に差が出てしまいます。これらの事を考慮すると、一般的な看護師の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。看護師は、患者と接する場合が多いので、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが大切です。勤務先によって、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておいた方が良いと思います。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある看護師ですが、特に油断できない仕事が申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。それほど重要でない情報もよくありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは重い責任の仕事だと言えます。実際の看護師資格取得の難易度はどれ程のものなのでしょう。看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。試験内容自体が、学校で理解していればそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に高難度な資格ではありません。患者という立場から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も少なくないそうです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。一般的に、看護師という職業は高収入だというイメージが強いです。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務などハードな職業ですが、別の業種の給料と比較してみると安定的に待遇が良いのが看護師の特徴だと言えるでしょう。景気に左右されないのも強みでしょう。高収入で安定した職業という意味においては看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。総じて看護師として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、休憩を挟むとは言っても、合計勤務時間が16時間になることも。労働時間が長いということも世間的に、看護師として働くことが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。